刑事7人、第1話の感想 映画のような展開で1話から殉職?

テレ朝のドラマ、水9ドラマ 刑事7人の第1話がスタート

キャスト

天樹悠 – 東山紀之
機動捜査隊「第11方面本部準備室」のメンバー。

沙村康介 – 髙嶋政宏
指揮者。

山下巧 – 片岡愛之助
サイバーセキュリティー担当。

水田環 – 倉科カナ
冷静な捜査官。

青山新 – 塚本高史
強引な捜査官。

片桐正敏 – 吉田鋼太郎
室長。

堂本 俊太郎 – 北大路欣也
法医学教室教授。

刑事7人の第1話の感想




“刑事7人、第1話の感想 映画のような展開で1話から殉職?” への129,197件の返信

  1. The In any way manlike beings Up enhancement penis enlargement treatment is at one of the strongest unannounced formulas at limerick’s disposal to jack up to pushy a bigger, fuller and firmer penis. GREATNESS MATTERS – TRACK DOWN AFTER FROM THE LADIES! A unsurpassed condom maker remnants that the typically penis proportions webpvi.dumfrygt.com/for-kvinder/prinsesse-udkldning.php when verify is 6 inches in after all is said circa 4.5 inches in girth. 51% of men performers a foreshadow settled this size. Scrutinization was also undertaken to empathize to what women kind-heartedness of their lover’s penis size. 67% of women said that they were heavy-hearted with the greatness of their lover’s penis, stating that a smaller penis provides less alluring fulfilment.

  2. 近頃、よく耳にするようになりましたJAXA(ジャクサ)ですねが、これが一体、何を意味するものであるのか、皆さまはご存じでしょうか。
    とくに、新聞を読んでいたり、新しいことを見ていたりすると出てくる言葉ですねよね。
    しかも、ジャクサが出てくる話題は、いつもだいたい宇宙関係の最新情報であったりするので、なにか宇宙に関係のあることなのではないか・・・そのあたりまでは想像がつくと思いですね。
    そうです。
    じゃくさとは、「Japan Aerospace Exploration Agency」のそれぞれの頭文字をとって略したもの(正確には、3つめの単語であるExplorationについてのみ、頭文字ではなく、二番目の文字を取っていね)で、日本語に訳しねと、「宇宙航空研究開発機構」のことを言いですね。
    さらに正確に日本語で言いねと、「独立行政法人物 宇宙航空研究開発機構」と言いだ。
    日本においての、航空宇宙開発政策を担っている研究・開発機関のことですねね。
    独立行政法ヒューマンであるというのは、つまり、総務省と文部学術省所管の独立行政法人物であるということで、これら法人物格の組織の中では最大規模のものなのですね。
    じゃくさが発足したのは、2003年10月1日のことで、もともとの日本の航空宇宙三機関であった、文部科学省宇宙アカデミック研究所(ISAS)・特殊法人間宇宙開発事業団(NASDA)・独立行政法人間像航空宇宙技術研究所(NAL)が統合されたものです。
    我が国、日本は、自動車や電化製品などにつきましては、先進国の中でも大変、評価が高く先進性もあると言われています。
    だが、宇宙開発においては、他の先進国に比べてもかなり遅れを取っているとも言われていね。
    実際、アメリカのNASAについての新しいことなどを見聞きいたしねと、そのように感じることも多いと思いね。
    ロシアも、アメリカほど耳に入ってくることはありませんが、それでも宇宙開発におきましては、相変わらず研究や実験を重ねているようです。
    だから・・・という理由だけではないのでしょうが、少しずつでも宇宙開発や、宇宙の探索に力を入れて、他国に大きな遅れを取らないためにも、文部化学省宇宙化学研究所や特殊法ヒューマン宇宙開発事業団、独立行政法ヒューマン航空宇宙技術研究所などを統合させて宇宙開発事業団を設立したのであろうと思われである。
    JAXAの正式名称は、「Japan Aerospace Exploration Agency」でしたが、この中の、「Exploration」という単語は、日本語に訳しであると「探索」という意味になりである。
    つまり、空から宇宙まで無限に広がる可能性を追い求める・・・というような姿勢が込められているのでしょう。
    日本宇宙開発事業団は、四つの本部と、ひとつの所、また、三つのグループという体制からなっていである。
    四つの本部とは、「宇宙利用ミッション本部」、「宇宙輸送ミッション本部、研究開発本部」、「有人間宇宙環境利用ミッション本部」であり、ひとつの所というのは、「文部学術省 宇宙学術研究所(ISAS)」であり、三つのグループとは、「月・惑星探査プログラムグループ」、「航空プログラムグループ」、「情報収集衛星システム開発グループ」のことを言いね。
    これらがそれぞれの仕事をして、日本の宇宙開発に力を入れようと頑張っていである。
    じゃくさが登場するニュースを聞いている割には、実際、どの程度の出来事をじゃくさが残しているのか・・・その辺までわかっているかたは、少ないと思いですね。
    失敗した情報や成功した最新情報、いろいろありですねね。
    本日は、ジャクサが残した実績についてお話いたしましょう。
    各機関が統合して宇宙開発事業団が発足した後の最初に臨んだH-IIAスペースシャトル6号機というのがあります。
    残念ながら、上昇の途中にトラブルを起こしてしまったため、地上からの指令で爆破されるという非常に残念な結果に終わってしまいました。
    さらに、宇宙化学研究所が打ち上げた火星探査機である「のぞみ」を、火星周回軌道に乗せる事にも失敗したことは、今もなお記憶に残っているかたがいらっしゃることでしょう。
    実際問題、宇宙開発事業団の発足後というのは試練の連続であったのね。
    これらは、団体の統合前に進められていたシナリオであったために、日本宇宙開発事業団の問題とは言えませんでしょう。
    しかし、我が国の宇宙機関が抱えていた集団的な問題が顕著に表れた例とされているのである。
    H-IIA打ち上げ6号機は上昇途中のトラブルで失敗しましたが、2005年の、H-IIAろけっと7号機の場合は、ひまわり6号の軌道投入に成功しました。
    さらに、M-V打ち上げによるX線天文衛星の「すざく」打ち上げにも成功しました。
    X線天文学というのは、宇宙開発の中では珍しく、日本がリードしている宇宙化学分野なのですね。
    又、同じ年の10月には、小型超音速実験機NEXST-1による飛行実験にも成功しました。
    じゃくさもだんだんと成功が続くようになってきたのだ。
    前回は、2005年までのジャクサのログをお話いたしました。
    引き続き今回は、それ以降の事実についてご紹介してまいりましょう。
    2006年になりねと、1月から2月にかけてのたった1カ月の間に、初めて連続で3機ものロケットを打ち上げました。
    この際、打ち上げられた陸域観測衛星である「だいち」は、災害監視に活用されていますし、赤外天文衛星である「あかり」のほうは、宇宙科学の発展に貢献していね。
    また、ひまわり7号は、1990年の他国との衛星調達協定以降、初めて成功した国産商用衛星でありました。
    2006年は、太陽観測衛星である「ひので」も打ち上げられましたし、翌年の2007年12月には、他国のサイエンス誌におきまして、さまざまな新発見を掲載した「ひので特集号」までもが刊行されたほどだ。
    2007年になりであると、9月に「かぐや」も打ち上げられました。
    かぐやは、その名前からも推測できるかと思いであるが、月面のHD画像を地球に送信するなどしていだが、皆さまよくご存じのアポロ計画書以来、世界最大規模の月探査を成功させました。
    前身の宇宙アカデミック研究所が2003年に打ち上げました「はやぶさ」は、2010年に地球に帰還いたしまして、世界で初めて小惑星からのサンプルリターンを成功させました。
    さらに、同じく2010年に打ち上げられました「IKAROS」は、世界で初めて宇宙空間での太陽帆航行を成功させました。
    ジャクサも世界初をいくつも成し遂げるようになったのですね。
    日本宇宙開発事業団の出来事についてのお話が続いていねが、皆さまは、「きぼう」をご存じでしょうか。
    現在、地上約400キロメートルもの上空に建設が進められている巨大な有ヒューマン施設のことはご存じであるか。
    これを、国際宇宙ステーション(ISS)と呼んでいるのですねが、他国、ヨーロッパ、ロシア、カナダなど世界15カ国もの国々が参加する国際協力プロジェクトなのですね。
    日本もその一部となる日本実験棟を開発して参加していであるが、それを「きぼう」と名付けているのだ。
    ジャクサは、2008年からきぼうの宇宙実験棟の運用を始めました。
    そして2009年には、H-IIBろけっとの打ち上げと、国際宇宙ステーションへの宇宙ステーション補給機による物資輸送を成功させたことによって、1980年代から長きにわたって続けられてきました日本の国際宇宙ステーション計画書において、とても大きな成果を収めたことになりました。
    少しずつではあるかもしれませんが、遅れを取っていた日本の宇宙開発も前進しつつあり、アメリカやロシアに近づいていると言っても良いでしょう。
    皆さまも、新しいことによって、日本人物の宇宙パイロットが活躍している様子をご覧になることがあると思いね。
    他の先進国の宇宙飛行士たちに交じって、日本人の宇宙飛行士が活躍している様子は、同じ日本人として大変うれしく、また、誇りに思えることでもありですねね。
    これからも若いかたがたに、どんどん宇宙を目指していただきたいと思いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。